ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

矢崎節夫館長コラム 「山と空」 30年3月1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月1日更新

山と空

 

もしもお山が硝子だったら、

私も東京が見られましょうに。

――お汽車で

   行った、

   兄さんのように。 

 

もしもお空が硝子だったら、

私も神さまが見られましょうに。

――天使に

   なった

   妹のように。

 

                               「金子みすゞ童謡全集」JULA出版局

 

 「もしもお山が硝子だったら、」「もしもお空が硝子だったら、」とみすゞさんは歌っていますが、私たちの生きている社会も、一枚の硝子なのかもしれません。

 氷は溶ける温度、融点は一つですが、硝子は同じ一枚の中で、溶ける融点が違うのです。それこそ「みんなちがって、みんないい。」融点を持っているのです。

 このことを忘れて、自分の持っている温度のまま、話したり、行動すると、相手の分かる温度にとどいたり、とどかなくなったりするのです。相手の分かる温度、融点に応じて、自分の温度を変えることが大事なのですね。

 会社も、学校も、家庭も、一枚の硝子です。大切に、大切に磨けば磨くほど、美しく輝いてくれる硝子です。乱暴に磨いて割らないように、一人一人の融点にしっかりと佇みたいと思います。

 年度末の三月、どうぞ充分にご自愛下さって、よい三月をお過ごしください。

 

平成30年3月1日

金子みすゞ記念館 館長 矢崎 節夫