ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

矢崎節夫館長コラム 「柘榴の葉と蟻」 29年4月1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

柘榴の葉と蟻

 

柘榴の葉っぱに蟻がいた。

柘榴の葉っぱは広かった、

青くて、日陰で、その上に、

葉っぱは静かにしてやった。

 

けれども蟻は、うつくしい、

花をしとうて旅に出た。

花までゆくみち遠かった、

葉っぱはだまってそれ見てた。

 

花のふちまで来たときに、

柘榴の花は散っちゃった、

しめった黒い庭土に。

葉っぱはだまってそれ見てた。

 

子供がその花ひィろって、

蟻のいるのも知らないで、

握って駈けて行っちゃった。

葉っぱはだまってそれ見てた。

 

 

 

「金子みすゞ童謡全集」JULA出版局

 

4月は希望に満ちた旅立ちの月です。

そして、その旅立ちに倖多かれと祈る人にとっては、別れの月でもあります。

この時期になると、毎年、みすゞさんの『柘榴の葉と蟻』の詩を思います。

ザクロの葉っぱは、いつも小さいアリで心がいっぱいなのです。だから、日陰をつくったり、アリが葉から落ちないように静かにしたり、葉っぱは自分の出来ることを精一杯にしているのです。

″けれども蟻は、うつくしい、/花をしとうて旅に出た。″のです。

 葉っぱに出来ることは、ただ見守るだけなのです。二連、三連、四連の終りの一行が、深く心に響きます。

あなたはアリでしょうか、それとも葉っぱでしょうか。

金子みすゞ記念館も4月11日で15年目に入ります。館員一同、みなさまのご来館を心からお待ちしております。

平成29年4月1日

金子みすゞ記念館 館長 矢崎 節夫