ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

矢崎節夫館長コラム 「人なし島」 28年8月1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月1日更新

人なし島

 

人なし島にながされた、

私はあわれなロビンソン。

 

ひとりぼっちで、砂にいて、

はるかの沖をながめます。

 

沖は青くてくすぼって、

お船に似てる雲もない。

 

きょうも、さみしく、あきらめて、

私の岩窟へかえりましょ。

 

(おや、誰かしら、出て来ます、

水着着た子が三五人。)

 

百枚飛ばして、ロビンソン、

めでたくお国へつきました。

 

(父さんお昼寝、さめたころ、

お八つの西瓜の冷えたころ。)

 

うれしい、うれしい、ロビンソン、

さあさ、お家へいそぎましょ。

 

「金子みすゞ童謡全集」JULA出版局

 

 ロビンソンとは、ロビンソン・クルーソーのことで、27歳のとき船が難破して、たった一人で無人島に流れ着き、28年間、自給自足の生活をした冒険小説で、18世紀のイギリスの作家、ダニエル・デフォーの作品です。
 日本では明治時代から翻訳されていて、みすゞさんもその本を読んだのでしょう。
 まだ誰も来ていない海岸で、ひとりでロビンソンごっこをしたのです。このロビンソンごっこは誰かが来たら終りです。
 (おや、誰かしら、出て来ます、/水着着た子が三五人。)
 そこで、本のページを百枚飛ばして、めでたくお国へお帰りです。わくわくとごっこ遊びを楽しんでいる、みすゞさんの姿が目に浮びます。
 8月、全国からたくさんの方が、記念館においでくださっています。町で、海で、山で、楽しいことがいっぱいありますように心から願っています。

平成28年8月1日

金子みすゞ記念館 館長 矢崎 節夫