ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

矢崎節夫館長コラム 「足ぶみ」 28年3月1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月1日更新

足ぶみ

わらびみたよな雲が出て、

空には春が来ましたよ。

 

ひとりで青空みていたら、

ひとりで足ぶみしました。

 

ひとりで足ぶみしていたら、

ひとりで笑えて来ましたよ。

 

ひとりで笑ってして居たら、

誰かが笑って来ましたよ。

 

からたち垣根が芽をふいて、

小径にも春が来ましたよ。

「金子みすゞ全集」(JULA出版局)

 

「足ぶみ」を口づさむと、楽しい気持ちになります。みすゞさんの言葉の力です。

1月にいただいた柳家小満ん師匠のお手紙の中に「春隣」という嬉しい言葉がありました。春のちょっと前とでもいうのでしょうか。「はるとなり」と声に出すだけで倖せな気持ちになります。それぞれの季節に「夏隣」「秋隣」「冬隣」という美しい言葉があって、日本語っていいなとにこにこしてしまいます。

小満ん師匠のお手紙やおハガキでは、いつも嬉しい言葉に出逢えるのですが、以前、ちょっとした喜びをお知らせした時に、「こぼれ幸いにて愉快です」とおハガキをいただきたことがありました。束の間の人生の中で、思わず出逢えた幸い、小さな倖せを愉快に思えたら、それだけで生きている喜びをいただけますね。

”ひとりで笑ってして居たら、誰かが笑って来ましたよ。”

嬉しいこぼれ幸いです。

平成28年3月1日

金子みすゞ記念館 館長 矢崎 節夫