ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観光情報 > 近松門左衛門
  • 観光スポット
  • 特産品
  • ひと・歴史
  • ながと観光ナビ ななび<外部リンク>

金子みすゞ記念館

香月泰男美術館

長門市定住支援<外部リンク>

ラグビー

長門市フィルム・コミッション

長門市温泉郷五名湯

ルネッサながと<外部リンク>

観光アクセスマップ


近松門左衛門

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月1日更新

 

近松門左衛門 近松門左衛門(1653-1724)は、江戸時代にたくさんの浄瑠璃や歌舞伎の脚本をつくった人です。主に、浄瑠璃は竹本義太夫のために、歌舞伎は坂田藤十郎のために書いています。その作品には、当時実際にあった事件をもとにした「曽根崎心中」などがあり、人気を博しました。作品の数は、浄瑠璃約100編、歌舞伎脚本が約50編。代表作に「国性爺合戦」「冥土の飛脚」「心中天網島」などがあります。芭蕉や西鶴とならんで、元禄の三大作家といわれています。

 

 

 

 

 

 

近松は長門深川の生まれ

 近松の本名は、椙杜信盛。巣林子、平安堂などのペンネームが知られています。椙杜信盛の名が初めて出てくるのは、寛文11年(1671)、俳人・山岡元隣が出版した「宝蔵」という本で、近松の俳句が載っています。この本で、19歳の近松が京都にいたことがわかります。ではいったい彼はどこで生まれ、どこで暮らしていたのでしょうか。多くの近松研究者が調べましたが、今も近松の生まれた場所は謎につつまれています。

 ところが、ここ長門市には、古くから近松が深川の江良(えら)で生まれた、という言い伝えがあり、「江良はよいとこ近松生んで、柿もよいとこ、えらいとこ」と語り継がれています。それによると、近松は、江戸時代、江良に住んでいた椙杜(すぎのもり)という侍の家の出身ということで、今でも椙杜家の屋敷跡が残っており、江良ではこれを「近松屋敷」と呼んできました。また、近松の子孫という人が江良に住んでいて祖先の石碑を建てています。

 一方、近松が長門の人であるという言い伝えを裏づけるような記録もあります。江戸時代の終わり頃、有名な大田南畝(おおたなんぽ)という学者が「近松は萩藩の人」と言い、唐津市(佐賀県)近松寺には「近松は長門深川の人」という記録があります。ということで、近松門左衛門の出生の地はここ長門市の深川であることが有力な説となっています。


■近松長州説を考える(利重 忠氏)

近松ゆかりの地

巣林子近松翁の碑

巣林子近松翁の碑 深川小学校前、赤崎山の石段を登ると、この大きな石碑が建っています。この碑は、近松がここ江良の地で生まれたという伝えを全国に示すために、昭和8年(1933)に関係者がお金を出し合って建てたものです。「巣林子」とは近松のペンネームのひとつです。

 

 

 

 

赤崎神社楽桟敷

赤崎神社楽桟敷 慶長元年(1596)、この地に家畜の病気が流行して多くの牛や馬が死にました。村人は赤崎の神に祈って、災いは収まりました。これを機会に楽桟敷を作り、芝居や楽踊の奉納が始まりました。近松が江良に住んでいたらきっと、ここにやってきたにちがいありません。

 

 

 

 

創造の庭「近松」

創造の庭「近松」 赤崎神社楽桟敷(赤崎山)の近くにこの庭があります。大型の楽桟敷に対し創造の庭はミニ野外劇場といえます。やわらかな芝生の庭には、近松のブロンズ像や石舞台などがあり、夜はほのかな明かりがともります。春ははなやかな桜の庭となります。家族やグループの憩いの場として、また、ささやかな野外劇場としてご利用ください。

 

 

 

椙杜家屋敷跡(近松屋敷)

椙杜家屋敷跡(近松屋敷) 江良に椙杜家の屋敷跡があります。地元の人たちは古くからここのことを「近松屋敷」と呼んできました。椙杜信盛(近松門左衛門)が、この椙杜家の先祖にあたります。江戸時代から伝わるこの言い伝えは、長門の深川が近松出生の地であることを確かなものとしています。

 

 

 

椙杜家先祖の塚

椙杜家先祖の塚 江良の地には江戸時代から椙杜という侍の家がありました。その子孫である椙杜親介は、近松が先祖であると伝えてきました。明治9年(1876)親介翁は、江良の真砂観音境内にこの石碑を建て、名誉ある椙杜家の先祖を供養しました。

 

 

 

 

椙杜家元位の墓

椙杜家元位の墓 近松が江良で生まれたという説のひとつには、近松は、長州藩士、椙杜広品(すぎもりひろかず)とその身の回りの世話をしていた女性との間に生まれた、とされています。そうすると、江良の光浄寺の墓地に眠る椙杜元位は、近松の甥ということになります。元位は江良で亡くなり、椙杜家は絶えてしまいました。

 

 

 

近松道路公園

近松道路公園 西深川板持から仙崎白潟に続く新設のバイパスに沿う和風庭園。深川大橋の東側にあります。庭園内は、近松の作品にちなんで、「国性爺」「天網島」などのゾーンに分かれ、草ぶきの東屋や「巣林子亭」などがあります。