2017/1/26 文化財防火デーに伴い国指定重要文化財「早川家」で消防訓練を行いました

 「文化財防火デー」に伴い、市内にある国指定重要文化財「早川家」で消防訓練を行いました。
 この「文化財防火デー」の制定は、昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造建築物である法隆寺(奈良県班鳩町)の金堂が炎上し、壁画が焼損したことに基づいています。
 今回の訓練では、消防職・団員、通地区自主防災組織の地区住民など約40名が参加しました。海へ向けての一斉放水終了後、中央消防署長が「早川家は密集地域に存在しており、本建物からの出火だけではなく、周辺からの飛び火も考えられます。地域の方も日ごろから各自で防火意識を持つよう心掛けてください」と講評しました。
 また、「文化財防火デー」に伴い市内の重要文化財で、立入検査を行い火災が発生しないよう火災予防の普及に努めていきます。

ここに大写真が入る



ここにコントロールバーが入る