2016/6/2 危険物安全週間について

平成28年度危険物安全週間

実施期間

平成28年6月5日(日)〜6月11日(土)

危険物安全週間推進標語

「危険物 決めろ無事故の ストライク」

ガソリンは引火点(−40℃)が低いため小さな火源で火災になる可能性があります。そのため貯蔵、取扱いには次のことに注意しましょう。

1 保管について
 ・ガソリン携行缶は直射日光の当たる場所や高温の場所に置かないこと。

2 取扱いについて
 ・周囲の安全確認とエンジン停止を徹底しましょう。
 ・蓋を開ける前に、エア抜きを行いましょう。

3 容器について
 ・灯油用ポリ缶にはガソリンは入れられません。消防法令の基準に適合した容器に入れるように
  しましょう。

4 購入について
 ・セルフスタンドでは利用者が自らガソリンを容器に入れることはできません。通常のガソリン
  スタンドにて購入してください。

以上のことを十分に注意し、事故防止に万全を期してください。