住宅用火災警報器について

住宅用火災警報器とは
なぜ住宅用火災警報器が必要なのか
住宅用火災警報器の設置が必要な部屋
住宅用火災警報器の取り付け位置
警報音の止め方
設置済みシールの配布
住宅用火災警報器の維持・管理について

住宅用火災警報器とは?

 火災の発生をいち早く感知し、警報音で知らせる警報器です。
 煙を感知する「煙式」と熱を感知する「熱式」があります。

 煙感知器        熱感知器
  

なぜ住宅用火災警報器が必要なのか?

 住宅火災で亡くなる原因の約6割は 「逃げ遅れ」 です。火災の発生を早期に感知し「逃げ遅れ」を防止することにより、あなたやあなたの家族の「いのち」を守ります。
 米国、英国では早い時期から設置が義務化され火災による死者が半減している事から日本でも設置が義務化されました。

住宅用火災警報器の設置が必要な部屋

設置が義務付けられている場所 設置をおすすめしている場所


寝室(煙感知器を設置)
 普段就寝に使っている部屋に設置します。子供部屋など就寝に使っている場合にも設置します。

階段(煙感知器を設置)
 寝室のある階の最上部に設置します。

台所(熱感知器を設置)
 設置義務ではありませんが普段火を使い火災発生の恐れが大きいので設置をおすすめしています

住宅用火災警報器の取り付け位置

警報音の止め方
 住宅用火災警報器は火災以外の要因(料理の煙、蒸気や湯気など)で警報が鳴る場合があります。火災でない事をよく確認してから、警報器についている警報停止スイッチを押すか、紐を引くなどして止める事ができます。

詳しくはこちらをご覧ください。
 設置済みシール
  長門市消防本部では、住宅用火災警報器を設置されたご家庭に「設置済みシール」を配布しております。
 設置された際には長門市消防本部または長門市西消防署までお越しください。
 

 住宅用火災警報器の維持・管理について
@住宅用火災警報器の掃除方法について
 住宅用火災警報器はホコリなどが付くと感知しづらくなったり、機器の故障の原因になりますので、定期的にホコリを取っておくことが大切です。
 また、機器の汚れは布等で乾拭きしてください。油や洗剤、水洗いすると機器が故障する可能性があります。
A住宅用火災警報器の作動テストの方法
 作動テストの方法は機種により異なりますが、「紐を引っ張る」「ボタンを押す」ことにより正常であれば「火事です、火事です」という音声又は「ピーピー」という音で知らせてくれます。
 音が鳴らないときは、電池切れ・故障が考えられます。



B電池の交換時期について
 電池切れのときは音声でお知らせするか、「ピッピッ」と音が鳴ります。
 電池の寿命は機種により異なりますが、機器本体に表示してありますので確認してください。
 ※市販の電池を使用しているものは、概ね1年から2年、リチウム電池を使用しているものは概ね5年から10年が目安となります。電池タイプでも電池の交換ができない機種があります。