2013/9/9 救急ステーション認定交付式について

9月9日(月)、救急ステーション認定交付式を消防本部で行い、新たに「特別養護老人ホーム へき楽園」がAED設置救急ステーションとして認定されました。「救急ステーション」とは、多くの利用者が出入りする旅館、ホテル、店舗などで救急事案が発生した場合、救急隊が到着する前に従業員が適切な救護ができる事業所のことです。当消防本部では平成15年度から救急ステーション認定制度を開始し、これまでに70施設(うちAED設置救急ステーションは26施設)を認定してきました。

ここに大写真が入る

ここにコントロールバーが入る