HOME企画展>眺められるしあはせ
眺められるしあはせ 2019年2月9日(土)〜2019年5月26日(日) 

「ここが〈私の〉地球」と呼んだ故郷三隅は、香月にとってモチーフ天国でもありました。
自宅前の三隅川にかかる橋の上から空や山、流れゆく川面を眺め、家族とともに過ごす日常の中で見て感じたものを生涯描き続ける。それは画家にとって幸せな日々だったことが作品から伝わってきます。
2018年10月25日に開館25周年を迎えた当館では、これまでの企画展告知ポスターを飾った作品の中から、来館者による人気投票を半年間実施しました。本展では、人気の高かった作品を中心に、
香月が「眺められるしあわせのしるしとして」描いた、身の周りの風景や動植物などの作品を紹介します。画家が感じた”しあわせ”にしばし思いを馳せてご覧ください。

◆学芸員によるギャラリートーク

展覧会のみどころなどをお話しします。
日時:2019年3月23日(土)・4月28日(日) 11:00〜(40分程度)事前申込不要


◆ハーブ講座
「ハーブを愉しむ フルーツポマンダーをつくろう」

フルーツとクローブ、シナモンなどのスパイスによって作られるフルーツポマンダーは、ヨーロッパの家庭に古くから伝わる”幸運を呼ぶ香りのお守り”とされています。
本講座はフルーツポマンダー作りと、ハーブティーによるブレイクタイムを通して、ハーブとその効能について知っていただくまたとない機会です。

日  時:2019年2月23日(土) 14:00〜15:30
場  所:香月泰男美術館研修室
対  象:小学生以上(低学年は保護者同伴でお願いします)
参 加 費:500円
講  師:びじゅつかんのハーブ園工房ゆめうさぎ
募集人数:20名(事前予約制・先着順)
募集期間:2月1日(金)〜2月20日(水)
申込方法:電話受付 0837-43-2500(9:00〜17:00火曜休館)
     「ハーブ講座申込み」とお伝えください


▲ページトップに戻る